スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオ神父の畑から・・。



こんばんは。
ホール、仕入れ担当のかばさわです。


今日は、白根・中山さんのイタリア野菜の紹介。
以前、ブログにて紹介させて頂いた中山さんは、新潟で20年間イタリア野菜を作られている農家さん。


そして、今回の頂いた野菜・・・・。


DSC_0039.jpg

ラディッキョ・キオッジャ
チーマディ・ラーパ
プレッツェモーロ
カボロネーロ




新メニューの、前菜からパスタ、メインに登場です。









ホール担当 椛澤
にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp


スポンサーサイト

黒埼・石田農園さん




こんにちは、ホール担当かばさわです。


1月末から始りました、アー・アッラ・ゼータ新潟がおくる、
「 Buono! Niigata 第1弾 越後姫イタリアン 」。

たくさんのお客様の、ご来店とご好評を頂き、
本当にありがとうございます。



IMG_6193.jpg
黒埼・石田農園さんの越後姫


今回の主役、石田農園さんの越後姫は、他の越後姫と比べて、鮮やかな赤色と強い香りが特長で、
調理をしてもその個性を失う事は無く、お料理をより一層引き立たせてくれます。


「越後姫イタリアン」はあともう1週間で終了ですが、石田農園さんの越後姫を使った一部メニューは、
もうしばらく提供させて頂ますので、ぜひお楽しみください。







いつも僕の都合の引き取りの時間に合わせて、
嫌な顔をせず対応してくださる石田みゆきさんにも感謝の気持ちを込めて・・・。





Jr.野菜ソムリエ 椛澤
にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp



三条・渡辺果樹園さん  

今日は、三条市、渡辺果樹園さんのお話し。


「樹の持っている生命力を最大限発揮させる。」ことを信念に、
化学肥料を使わず、天然由来の肥料のみを使い、
巨峰、シャインマスカットなどのぶどうと、和梨、ルレクチエを生産されている渡辺果樹園さん。



初めて僕が、お邪魔したのは夏の頃。

まず感じたのは果樹園の中が、驚くほど心地の良い事。
果樹から感じる生命の静かな鼓動と、それを育む土と水、適度な湿度と澄み切った空気・・・。

そんななか、果樹園を案内してもらいながら、渡辺さんの厳しくも愛情のこもった眼差しと、
宝物のようにぶどうたちにふれる手付きを目の当たりにしました。

そして、果樹園の中で頂いた、巨峰の癖のない甘みと風味のバランスに感動。



それ以来、「その時、旬の果樹」を頂き、メニューにて提供させて頂いております。



ルレクチェ1

そんな渡辺果樹園さんの果樹の中で一番有名なのが「ルレクチエ」。


ルレクチエは、100年程前にフランスから新潟に苗木が導入され、
栽培が難しく、生産量も限られていたため、幻の西洋梨」と呼ばれてきた品種。

長期間熟成させることにより、独特の食感と芳醇な香りが増すルレクチエ。

渡辺果樹園さんでは、この収穫から成熟までの40日間、ルレクチエにモーツァルトを聞かせます。
そして、モーツァルトの優しい癒しの力で滑らかな熟成が進みます。




2222img.jpg
手作りの新聞紙のバックに入った、渡辺果樹園さんのルレクチエと新興梨



アー・アッラ・ゼータでは、

芳香な香り、とろけるような舌触りのルレクチエは、
胎内サラミとブリードチーズと合わせて、生パスタ、フェットチーネで。

みずみずしい甘味と酸味が特徴の新興梨は、
かきのもととルッコラのピッツァで、お楽しみ頂けます。





いつも果樹を入れて渡してくださる、この手作りの新聞紙バックには、
渡辺さんの果樹への愛情と環境保護への思い、ボランティアに対する思い入れが詰まっています。






Jr.野菜ソムリエ 椛澤


にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp



うまさぎっしり博!

12月11、12日にときメッセで行われるうまさぎっしり博まで、
あと2日に迫ってきました。

お店では、ここのところ毎日大量の食材が届いていました。
そして数日前から本格的に仕込みもはじまり、スタッフみんなで準備をすすめています。


そこで、今日はうま博で販売するメニューに使われるにいがた食材を紹介したいと思います!


AallaZがみなさんに自信を持って紹介する、5つのにいがた食材…

まずは小千谷市のベニキララ!
DSC_0585.jpg


『サツマイモを愛し、サツマイモと共に生きる』
農園ビギンの新谷さんがつくるサツマイモ、ベニキララ。

ベニキララは通称「にんじん芋」と呼ばれ、その名前の通りオレンジ色のサツマイモです。
にんじんと同じくカロテンが多く含まれていて、甘くねっとりとしています。
加熱することで一層鮮やかなオレンジ色になります。



十日町のおうぎ茸!
DSC_0037.jpg


越後きのこ屋がつくるおうぎ茸は、しっとりとした食感で口当たりがなめらか。
お肉やお魚をはじめ、どんな食材とも相性が良く、香り豊かで風味とうま味がつまっています。

代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれていて、なかでもビタミンB1はほうれん草の約4倍!
栄養価は高く、低カロリー。
味がいいだけではなく、体にもうれしい食材です。



南魚沼の魚沼美雪ますDSC_0288.jpg

10年もの歳月をかけて研究され生まれた魚沼美雪ます。
魚沼の美しい自然の中、越後三山から湧き出した雪解け水で育っています。
もちもちとして歯ごたえのある肉質と鮮やかな紅色が特徴の身は、生食がオススメです。

もちろんうま博では生の魚沼美雪ますを食べることができます!



旧吉田町の越後うんめ豚
DSC_0113.jpg

飼育期間が長いこともあって出荷量は少ないですが、とにかく『うんめぇ』豚です!
キメ細やかで弾力のある肉質は、噛めば噛むほど口の中にうまみが溢れてきます。
そのうまみ成分であるイノシン酸は、一般的な豚に比べて約5倍も含まれています。



そして、新潟市の小松菜
DSC_0030.jpg

一年を通してほぼ無農薬で作られている坂井ファームの小松菜。
暖房に頼らずにじっくり土の栄養を吸って少しずつ育っていく冬の小松菜は、甘く、ビタミンが豊富です。


この小松菜については、坂井ファーム見学レポートとして、後日詳しく書かせていただきます。


これらのにいがた食材をつかった、おいしいメニューを用意して、皆様のお越しをお待ちしております


もちろんAallaZだけでなく、ほかにも様々な新潟の『うまい!』が大集結した大イベントです。
12月11、12日はときメッセでお会いしましょう!!



ホール担当:あらい

うんめ豚=おいしい豚

unme.jpg

ピンボケですみません。


写真はうんめ豚の薪釜焼きです。
以前にもブログにあげましたが、
ディナータイムの単品料理でお召し上がりいただけます。

とっっっても美味しい豚肉で、「うんめ豚」といいます。

よくお客様より「???うんめ???」という反応をもらいます。
新潟弁の「うんめ」とは「おいしい」の意です。
インパクトある名前ですよね。

今回添えた食材は、魚沼の石坂まいたけ、白根の葡萄です。
豚の旨味と、葡萄の酸味、まいたけの香りと薪の香り。。。

うーーーん。私も食べたい!


プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。