スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春一番 ~ 雪国に春を告げる伝統野菜 ~






こんにちは。
ホール担当のかばさわです。
久々の更新。(^^;)


今日は、少々遅くなりましたが、
先日お邪魔した蒲澤さんの畑、
女池菜の紹介です。


実は・・。
生まれも育ちも三条市の僕は、新潟店で勤務するまで、
あまり女池菜の事を知りませんでした。(^-^;


何度かブログ内でも紹介させて頂き、
ご存知の方も多いかと思いますが、
あらためて・・・。



そもそも「 女池菜 」って・・・。


新潟県内には、各地域で地名のついたとう菜が数多くありますが、
その中の一つ、新潟市中央区女池地区を中心に、明治時代から栽培される郷土野菜です。


こちらがアー・アッラ・ゼータがお世話になっている女池菜の生産者の蒲澤さんの畑。


DSC_3916.jpg

DSC_3903.jpg


実は女池菜は、明治25年から26年にかけて蒲澤さんの先々代が種子を譲り受けた事から、
女池地区一帯に広まったといわれています。

そんな三代、百二十年にわたって受け継がれ、現在に至る蒲澤さんの女池菜・・。


DSC_3908.jpg


「 菜 」というと、「 葉 」の部分を中心に食すイメージがありますが、
女池菜の一番の特徴は「とう」と呼ばれる茎の部分。


DSC_3917.jpg


ほろ苦く甘いこの「とう」が最も特徴的な野菜です。


女池菜は雪の下でじっと春を待ち、
厳しい冬の寒さに耐えることで内部のデンプン質が糖質に変化します。

そして、この「とう」と呼ばれる花茎部分を
大切に、大切に守るように育ちます。


女池菜の一番の特徴である、
ほろ苦く甘い、女池菜独特の「とう」は、
こうして雪国の冬によって育まれます。


DSC_3914.jpg


そんな女池菜は、ビタミン・ミネラルが豊富で、
カルシウムはほうれん草の約3倍、
ビタミンA・C、鉄分、ビタミンB1・B2なども入っていて、
青物の少ない冬場のこの地域の人達にとって、
貴重な栄養源となっきました。



もちろん、この時期アー・アッラ・ゼータでも、
女池菜を使ったメニューをお楽しみ頂けます・・。



DSC_3955.jpg
“ 女池菜を包み込んだ子羊のロースト ”



味のしっかりとした食材にも負けない、
女池菜本来のほろ苦さと甘み、みずみずしさを活かして、
ランチのパスタや、
ディナーの前菜などなど・・・。



「 雪の下で大切なモノを守りながら、春を待つ。 」



発祥から約120年。

生産者たちの雪との闘いと「利雪」と「克雪」の長い歴史の中で受け継がれてきた、
冬の新潟の文化、雪国新潟の県人気質を象徴する郷土野菜・・。



「 郷土料理の集合体。 」 と、いわれるイタリア料理・・・。



そんな、「 ここだからこそ 」、「 今だからこそ 」、
味わえるイタリア料理をアー・アッラ・ゼータでお楽しみ頂ければと思います。










ホール担当 椛澤
trttoria
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp




スポンサーサイト

魚沼石坂まいたけ!!


気が付けば、もうすっかり秋・・。
秋の食材やお料理にワクワクしつつ、
夜の冷え込みに、まだ慣れないホール担当のかばさわです。


季節は「 秋 」という事で、今日はこの時期ぜひ味わって頂きたい食材、
新潟の隠れた銘産 『 石坂まいたけ 』を紹介しようと思います。



まず、目に飛び込んでくるのは、インパクトのある外見。



DSC_2712.jpg
「 幅約30センチ、高さ20センチ、重さ1kgの大きな株 」。



このマイタケの生産者は、
日本有数の豪雪地帯である南魚沼市(旧塩沢町)にある、石坂きのこ組合さん。

新潟県の南部に位置し、魚沼産コシヒカリの中でも極上米として知られる、「しおざわコシヒカリ」の町。 

そんな町で、石坂まいたけは栽培されています。


今でこそ、人工栽培で大量生産され、家庭の食卓を賑わせているマイタケですが、
本来は、主に東北地方などの深い山の老木の根元に発生する珍しいキノコ。
  
昔から幻のキノコと呼ばれるほど、希少価値のあるものでした。


ですが、こちらの石坂まいたけは、
一般的に「マイタケの人工栽培は不可能。」
と言われていた当時から、栽培され続けています。



④



約40年程前から、自然に恵まれた環境で育てられてきた石坂まいたけ・・。



DSC_2684.jpg



天然の形と風味を求めて、
試行錯誤と研鑚を重ねてこられた、独自の栽培法によって生み出される、
独特の弾力と特有の肉質、豊かな香り・・・。



アー・アッラ・ゼータでは、フリットやソテー、窯焼き、マリネなど、
その日の食材やメニューに合わせて、色々な石坂まいたけをお楽しみ頂いています。



DSC_2745.jpg




見つけた人が舞い上がって喜ぶところから、

「 舞茸 」と名付けられたという説があるほどの、マイタケ本来の風味と香り、食感を、

この石坂まいたけで、ぜひ味わってみてください!










ホール担当 椛澤
trttoria
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp






長岡野菜 ~長岡市四郎丸の駒村さん~

「今年もお世話になります!」






こんにちは。ホール担当椛澤です。

先日、アー・アッラ・ゼータ長岡店オープン以来、
お世話になっている長岡野菜の生産者こまむらさんのところにお邪魔しました。



まず、近隣の方では知らない人はいないくらいの名所(?)
長岡市四郎丸にある「野菜のこまむら直売所」へ。


img 005
この時期のこまむら直売所には、毎日朝採りの
大根、蕪、ズッキーニ、ブロッコリー、きゅうり、トマト、モロヘイヤ、キャベツ、オクラ、スナップエンドウ・・・。





img 006
そして、長岡野菜の長岡巾着茄子、梨茄子、神楽南蛮等が並んでいます。





あと一週間くらいで糸うり、ゆうごうも収穫できるとの事。

その後も、色々なお話しを聞かせて頂き、畑にお邪魔しました

img 013
直売所から少し離れたところにある茄子畑




img 012
長岡巾着なす

長岡巾着なすは亀田巾着がルーツと言われ、丸型で大きく、果肉は甘みがあり肉厚なのが特徴。




img 010
梨なす

梨のようにジューシーで、鮮度の良いものは生食にしも美味。




img 008
かぐらなんばん

とうがらしの一種で、長岡市(旧山古志村)がルーツ。
くしゃくしゃした形が神楽の面のようなことから「神楽南蛮」と呼ばれ、
種とそのまわりのみが鮮烈な辛味をもつのが特徴。









img 015
長岡巾着なすとかぐらなんばん





“ 旬のおいしさ ”のピークまではあともう少しですが、

一足早く、今週からアー・アッラ・ゼータ新潟店でも長岡野菜を使ったパスタやピッツァを提供しています。




IMG_3729.jpg
ピッツァ オルトラーナ ~新潟 夏野菜の菜園風~







長岡が誇る“長岡伝統野菜”を、

ぜひアー・アッラ・ゼータのイタリア料理でお楽しみください。








※こまむらさんのホームページは⇒こちら





ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
℡025-232-1122
http://a-alla-z.jp


新潟おらが村  ~アー・アッラ・ゼータ新潟~

「ばあちゃんの天然山菜屋」






こんにちは。
ホール担当椛澤です。



今回は、新潟県村上市旧朝日村、山北地区から届いた山菜のお話し。


送って頂いたのは、今年からインターネット通販で天然の山菜を販売されいる、
「新潟おらが村 ばあちゃんの天然山菜屋」さん。



そもそも、ばあちゃんの天然山菜屋さんとの出会いのきかっけは・・。


4月中旬頃、
「今年の山菜は遅いね。」

なんて話していたら、日経流通新聞を眺めていたシェフが、
「面白い記事が載ってる。」

と紹介記事を見つけた事から。


山菜採りの現場に何とかお邪魔できないかと、お電話をさせて頂きました。


しかし・・。


栽培ものではなく、天然もので、本当におばあちゃん達が山に登って採ってくるので、
予定が組みづらく、安定供給が出来ない事、

そして、部外者の山菜の乱獲の心配や、おばあちゃん達それぞれの、穴場をあまり知られたくないという事もあり、


お話しはそのまま、月日が流れ・・・・。





img 011
先日、届いた朝日連峰、山熊田の山菜  (うるい、やまうど、みず)





気に掛けてくれていた内山さんから、
「今年最後の山菜を」
という事で無償で送って頂きました。


味はどれも絶品で、特にうるいは今まで食べた事のないほどの粘り気。



早速、お料理に使わせて頂きました。



来年はぜひ、山菜採りにご一緒させて頂き、
その後シェフの作るお料理でおばあちゃんと一緒に山菜を食べれたら・・・。



こちらの突然の電話と、無理なお願いにもかかわらず、
とても親切で丁寧な対応をして頂いた内山さん、本当にありがとうございました。







ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
□025-232-1122

おいしいにいがた できました!

やっと・・・・




できました!

IMG_3987.jpg
IMG_3989.jpg

お店で使っている食材の説明ボード 「おいしいにいがた」


以前よりも、文字が大きくなって読みやすくなりました!



メニューと一緒にテーブルにお持ちします。

料理を待つ間に、読んで頂けたらな!と思います。




でも良く読むと誤字が・・・・

何度もシェフに指摘されたのに、「黒埼」を「黒崎」と書いてしまったところがあります。

きっと黒埼からご来店してくださる方もいらっしゃるのに、、、

すみません!!




早々に修正したいとおもいます。






ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
�025-232-1122
プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。