スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製柚子チェッロ ~ Yuzucello ~ ♪




こんにちは、ホール担当かばさわです。

今日は、自家製ドリンクのご紹介!



地元産の野菜や果樹を使い、
一年を通して、季節限定で「今の旬」をお楽しみ頂いている、自家製ドリンク。

自家製ドリンクのメニューは、ノンアルコールが多いのですが、
今回は新潟市西蒲区産の本ユズを使った、リモンチェッロならぬ 「柚子チェッロ 」を。(^.^)



そもそもリモンチェッロとは・・。

ご存知の方も多いと思いますが、
イタリアで生まれた、食後酒として楽しむ、レモンを使った糖度の高い果実酒の事。

現在でも、レモンを生産する南イタリア地域の家庭でも作られ、
カンパーニャ州、シチリア州が産地として特に知られています。



柚子・・。

以前にもブログで少し書きましたが、
日本は世界で一番多くの柚子の生産、消費量で日本の食文化に欠かせない存在。



という事で、新潟市西蒲区産の本柚子を使って柚子チェッロを仕込んでみました。



DSC_36610.jpg

柚子の果皮を、ウォッカに10日間ほど浸漬させ、



DSC_36890.jpg

砂糖を使ったシロップを加えて、2週間〜1ヶ月ほど置ねかせて、



柚子チェッロ

出来上がり!



食後にストレートで。
お食事と一緒にカクテルで・・。



新潟市産の中でも、
柚子本来の香りの濃い、西蒲区産の柚子。

もうすぐ、柚子の季節も終わります・・・。



ぜひ、お楽しみください!(^_-)










ホール担当 椛澤
trttoria
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp






スポンサーサイト

期間限定 自家製ドリンク!  

久々の更新
ホール担当のかばさわです。


今日は、自家製ドリンクの紹介です。
通常ドリンクメニューとは別に、毎回「新潟の旬」をテーマに作る期間限定 自家製ドリンク
お客様の中には、歴代自家製ドリンクを全てお飲み頂いている方もいる程、実は隠れ人気メニューなのです。

という事で新たな自家製ドリンク、お待たせしました!



今回の自家製ドリンクは「梅」!


梅雨の時期、疲労回復の効果のある「梅」をテーマに。

DSC_0062.jpg
藤五郎梅ソーダ

新潟市亀田地区特産の、果実が大きく肉厚で柔らかい藤五郎梅。
そんな藤五郎梅の自家製ジャムと、
麒麟山酒造の藤五郎梅と純米酒から造られる梅酒でコンポートした一粒を添えて。
ソーダと合わせて、藤五郎梅の旨味と程良い酸味がつまった、すっきりとした飲み口に仕上げました。
お食事と一緒にお楽しみ頂けるノンアルコールドリンクです。



仕入れから、弱火でじっくりかき混ぜながらのジャム造りまで、
僕が一人で作るドリンクですので、欠品の場合はご了承ください



7月下旬まで予定の自家製ドリンク。
「藤五郎梅ソーダ」。



ぜひ、お試しください。









ホール担当 椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
℡025-232-1122
http://a-alla-z.jp


フリョウノウミンのフルティカトマト

「北区新崎 曽我農園のフルティカトマトソーダ」





おはようございます。

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークの忙しさにかまけてブログ更新をさぼってしまいました ホール担当椛澤です




さて、今日は北区新崎・曽我農園さんのフルティカトマトを使った自家製ドリンクのお話しを。






まずは、トマト生産者の曽我農園さんの紹介。


DSC_0274.jpg
北区新崎にある曽我農園さんは、
フルーツトマト(4月~7月)、春トマト (5月~7月)、秋トマト(9月~12月)、中玉トマト、プラム型ミニトマト、
枝豆 アスパラ、ブロッコリーなど、トマトを中心に生産されていて、


そが しんいちさんの書籍 「がちんこ農業生活」 や 新潟日報に連載中の 「ファーマーズ・ハイ」 、日々を綴った人気のブログフリョウノウミンで有名な農家さん。






DSC_0275.jpg
曽我農園さんの直売所


こちらはトマトメインの直売所で、 今の時期、金筋トマト、フルティカトマト、新崎アスパラガスを販売。
曽我農園さんの野菜は味が良く、すぐ売り切れてしまうので、僕はいつも事前に予約をさせてもらっています

 




そして、今回自家製ドリンクに使う食材はこちら。


DSC_0272.jpg
曽我農園直売所で販売されているフルティカトマト


フルティカトマトは、果重40~50gくらいの中玉トマトでフルーティな香りとトマトの甘みが特徴で、
糖度が高く、果肉が滑らかで、フルーツ感覚で食べられるトマトです。






早速、このフルティカトマトを使って、お店で「自家製フルティカトマトジャム」作り。

IMG_3486.jpg
粒が残る程度にトマトをミキサーでまわし、
砂糖、レモンを加えます。
フルティカトマトの甘さと風味をいかすため、砂糖は控えめに。

そして、弱火で焦がさない様に混ぜながら、とろみが出るまで煮ます。
綺麗な透明感のあるジャムになる瞬間が、ジャム作り至福のとき。



IMG_3477.jpg
IMG_3479.jpg
自家製ドリンクの氷かわりに使う、冷凍フルティカトマトは湯剥きしてカット。




冷えたグラスに「自家製フルティカトマトジャム」と
冷凍フルティカトマト、ソーダ水を入れて・・。



IMG_3680.jpg
最後にトマトと相性抜群のバジルとカットレモンですっきり感を出したら完成!




IMG_4000.jpg
「北区新崎 曽我農園のフルティカトマトソーダ」





トマトには豊富な栄養成分が含まれるており、クエン酸などの働きで血糖値の上昇を抑える効果があり、
赤い色素にはリコピンが含まれ、ガンや動脈硬化などの予防効果があります。





健康野菜「トマト」で作る、体にも 「おいしい」 アー・アッラ・ゼータの自家製ドリンクをぜひ、お試しください!!

ランチ、ディナーともにお楽しみ頂ける、おすすめドリンクです!!!











ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122


プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。