スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟のおいしい食材『フルーツトマト』

R0010938.jpg
3月27日、29日に行われました新潟のおいしい食材『フルーツトマト』の会では、たくさんの皆様にお集まり頂きありがとうございました。
この写真はその中のひとつの前菜です。前菜はフルーツトマトをムースやゼリーにして三種類のタルト仕立てにしました。添えらえているのは、春キャベツのジュレでタルトと一緒にシュー生地に挟んで召し上がって頂きました。
また4月17、18日にはアスパラガスを使って野菜の新しい魅力をみなさんに感じて頂こうと思っていますので、興味のある方連絡をお待ちしてます。       赤塚 こずえ
スポンサーサイト

新潟のおいしい食材の新しい魅力発見「フルーツトマト」編

「新潟のおいしい食材の新しい魅力発見」

イタリア料理に欠かせない食材「トマト」。
その中でも、酸味の甘味のバランスの良い「フルーツトマト」。
普通のトマトに比べて極端に水分を抑えて育てるため、
味も香りも果実に凝縮されて濃厚です。

今回も前菜、パスタ、ピッツァ、スープ、メイン料理、デザートまで、
フルコースすべてにテーマ食材を使い、異なる調理方法で、
食材の新しい魅力を引き出します。
本日27日と、29日(日曜日)の開催です。

まだお席に余裕がありますので、
興味をもたれた方はお電話にてご予約ください。
お待ちしております。


■■■「新潟のおいしい食材の新しい魅力発見」■■■

           「フルーツトマト」

新潟・新崎のフルーツトマト甘いです★



テーマ食材:フルーツトマト
期日:3/27(金) pm7:00スタート
      29(日) pm6:00スタート
ご予約方法:新潟店 電話 025-232-1122へお電話でお申し込みください。

※※※お知らせ※※※
コース終了時には野菜ソムリエ「木村正晃」と、
新潟店シェフ「広瀬一樹」と、ご歓談いただける時間を設けてあります。
気軽に意見交換ができると嬉しいです。
お電話お待ちしております。

今度は胎内のジャージー牛のミルク

以前に、新潟・胎内市のチーズを紹介しましたが、
写真はそのチーズの原料となるジャージー牛の牛乳です。
近々ドルチェに変身しますご期待ください。
新潟・胎内のジャージー牛からとれる牛乳★

準備あっての当然の成果

日本がWBC(ワールドベースボールクラシック)で優勝した。
やっぱり最後は、イチローが決めました。


役者が違うとか、スーパースターだからなどと一言でかたづけていいのだろうか?

以前に彼のインタビュー記事かなんかで読んだ事があるが、「準備が8割!」という彼の言葉が頭に蘇ってきた。今回の大会でも、だれよりも早く球場に入り、準備をする報道がなされていたが、彼の常日頃の活躍は必然に思えてならない。

あらゆる事を想定して準備をしている人間にしかステキなチャンスが回ってこないと、つくづく思わされる。

野菜ソムリエ キムラマサアキ

haru

20090321172308.jpg

お店の近くにも春がやってきました。
              土筆がにょきにょき

つくしはイタリアンでも使います。 
 でも

  お店の近くのは使えません泣
ワンちゃんたちがマーキングしているからです。
        そのおかげで大きく成長できるのだけどね笑い。

                    ヒロセ

ピリッと辛いわさび菜

春の旬野菜であるわさび菜です。キャベツやブロッコリーと同じく(アブラナ科)の野菜だそうです。
わさびの香りと、ピリッとした辛さがパスタやピッツア、メイン料理によく合います。また、ビタミンB2、βカロテン、鉄などの栄養素も豊富に含んでいるようです。様々な料理に合うわさび菜を、ご家庭でもサラダやサンドイッチにして楽しんでみてはいかがでしょうか。20090321154249.jpg
吉田 博樹

越後姫の小松菜ロール

今週の日曜日から、毎週日曜日限定で松田さんの越後姫と坂井ファームさんの小松菜を使ったロールケーキを江南区にあります野菜の直売所『採彩』で販売することになりました。ロールの生地に米粉を使っていますのでもっちりした食感で、とても苺と合っていると思います。販売数が少ないので要チェック! 赤塚 こずえ                                         
越後姫の小松菜ロール

フードアクションニッポン応援団へ

フードアクションニッポン
当店、野菜ソムリエ キムラマサアキが、フードアクションニッポンの応援団になりました。
フードアクションニッポン応援団の一覧はこちら>>

僕の住む街は、10分走れば田園風景、山や海、川が広がる。いつも四季折々の姿を見せてくれている。僕に降り注ぐと同じ様に農産物に降り注ぐ眩しい太陽やさわやかな風、そして恵みを与えてくれる雨に打たれた日本の農産物はパワーの源です。  野菜ソムリエ キムラマサアキ

今年の野菜たち

いろいろな野菜たちの種


上記の写真は、去年当店の畑で育てた野菜の種たちの一部です。

いよいよ新潟も暖かい日が続き、そろそろ路地植えの
野菜たちもいけそうです。ここからが、畑担当の私の出番です。
シェフと野菜ソムリエと相談し、今年の種も決まりました。
今後の畑情報もアップしてゆきますのでお楽しみに。
今年もオモシロ野菜にご期待ください。

偉大なる悪戯

こんにちは!新潟の野菜ソムリエ キムラマサアキです。

コーヒーもどき

上の写真は野菜作ったコーヒーです。
今回使用した野菜は、牛蒡と菊芋です。
当店のシェフ廣瀬が作りました。おそらく、何からでもコーヒーもどきが作れると思います。

ホンモノのコーヒーの味わいではありませんが、ちゃんとその野菜の風味が残ります。
いろいろ使える調理技法になりえる可能性を持ってます。

今後の展開に期待!

胎内ブリードチーズ

20090311201616.jpg
  胎内ジャージー牛の乳から作られているチーズです。
表面はふわふわの綿の様な白カビで覆われています。

  
当店ではこのチーズをパスタやドルチェなどいろいろな料理に使っています。
   
       
20090311203148.jpg
  胎内ブリードチーズと胎内黒豚ハム、金柑のクリームソースキターラ

                  廣瀬 一樹
   

今日、晴天

20090312091431.jpg
今週から、寒い日が続いています。ときおり雪がチラチラと降ることもあり、やはり新潟の冬はまだ終わりを告げてはいないということでしょうか。ちなみに今日は、晴れ間が広がっていますが、夜になるとまた寒さは厳しいものとなるようです。こんな日こそ、当店の心と体が温まるお料理はいかがでしょうか
吉田 博樹

ワンプレートランチ始めました

先週から、一皿でメイン料理までが付くワンプレートランチを始めました。
_MG_5296.jpg

サラダ、前菜、パスタ(半量)、メイン料理(魚または肉料理)、パン、ドルチェ、ドリンクが付いて            お一人様1950円です。   パスタはペスカトーレ以外のお好きな物を選んで頂けます。


気軽にメイン料理まで楽しんで頂けるようにと企画して始めました。
                       みなさんも一度食べに来てくださいね                                   
                      赤塚 こずえ花

「FOOD ACTION NIPPON推進パートナーフォーラム」に参加してきました

3月4日、東京・虎ノ門にて、「FOOD ACTION NIPPON推進パートナーフォーラム」に
参加してきました。このフォーラムは、推進パートナーの交流と情報交換を目的に
開催されました。多くの企業が参加されていて、皆さん真剣に農林水産省の方から現在の
食料自給率についての説明に聞き入っていました。
応援団の王理恵さん、荻原次晴さんも参加していて、
王理恵さんとは少しお話することができました!

写真は、会場の様子と、キャラクターの「こくさん」です。

頼れる「こくさん」

FOOD ACTION 推進パートナーフォーラムの様子

「新潟のおいしい食材の新しい魅力を発見!」掲載されました。

当店で開催される新潟の食材をテーマにした「新潟のおいしい食材の新しい魅力を発見!」がFood ActionNippon(フードアクションニッポン)公式サイトに掲載されました。http://www.syokuryo.jp/event/index.html

大切な作物

新潟には、女池菜なという古くから愛されている食されている作物がある。

女池菜

小松菜などのアブラナ科の作物で、少し苦味があり大人の味の野菜だ。しゃもじをひっくり返した様な葉を持ち、花(とう)部分を大切に、大切に守るように育つ。
新潟の寒風に晒されながらも、ジッと春を待って耐えているようにも見える。
この様子が、新潟、越後人の気質と重ね合わせてしまいます。ご存知の通り新潟は雪国、残雪を溶けるのを待ちながら、あたたかい春を待つ。そんなところが、女池菜と越後人の心意気を重ねてみてしまいます。

新潟の人とっては、大切な作物のひとつです。
野菜ソムリエ キムラマサアキ 野菜ソムリエノチカラ

スイスチャード

20090307172955.jpg

お店の前に今年も顔を出しました。

  スイスチャード  日本名:不断草
ほうれん草と同じアカザ科のお野菜です。

赤、黄、緑の三色で色鮮やかです。
             まだ寒いのにがんばって大きくなっています。


031.jpg
アーアッラゼータでは歓送迎会やご卒業、ご入学のお祝いなどにイタリアンを楽しんでいただきたく、各種プランをご用意しております。

二階のお座敷席は10名様から貸切にもできます。

ご家族やお友達、職場の皆様で楽しくお食事しませんか?

春の山菜

20090306151552.jpg
春の山菜である、(ふきのとう・たらの芽・うるい)です。寒い新潟の冬から、少しずつ春へと季節が移り変わっていくのが感じられます。ちなみにふきのとうは、自宅の裏にある山で取れたものです。その他に、せりやこごみなどの山菜も元気に育っています

吉田 博樹




坂井さんちのスーパー小松菜と卵

坂井さんちのスーパー小松菜
当店では坂井さん家のスーパー小松菜とその小松菜を食べて育った鶏の卵を使ってカルボナーラなどのメニューをお出ししています。

カルボナーラ(Carbonara)とは「炭焼のパスタ」(炭焼職人風)といわれるパスタソースの1種である。炭焼人(Carbonari)が仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちてこんな風になるのではないかという感じの黒コショウをからませた味わいのあるパスタ。本来、炭焼小屋で簡単に作れるようにしたパスタ料理である為、本場イタリアでは生クリームを使わない。名前の由来に、カルボナリ(炭焼党 - イタリアの秘密結社)がとの係わりを指摘する者もあるが真偽は定かではない。 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

赤塚 こずえ

続きを読む

お店の看板

これで3代目のフラッグ看板


入口にあるフラッグの看板がかなり傷んでいたので、
新調しました。写真が「3代目」です。
雨の日も、雪の日も、日照りの日も、
顔を変えずにわたしたちと一緒にお客様を迎えてくれています。

みおり

アー・アッラ・ゼータはフードアクションニッポンの推進パートナーになりました。

img-site-id.gif

 

食の未来は、ニッポンの未来。そのために“おいしいニッポンを”選択して、使う、食べることで、その料理や素材、食文化や、そのおいしくて、顔が見える安心が、未来に引き継がれていきます。“おいしいニッポンを”残す、創る。そんな想いをこめています。

「安心を、未来へつなぐ食料自給率1%アップ運動」に込められた思い

身近なことでできることから取り組み、一歩一歩、食料自給率をまず1%、そして次の1%…と高めていき、それが積み重なって、未来へ食の安心がつながっていきます。みなさんの参加で達成さ れる小さな1%は、食の安心へつながる大きな一歩です。


1.「いまが旬」の食べ物をたべましょう
一人一人の小さなアクションから日本の食料の未来を変えていきましょう。
「旬」の農産物は、もっとも適した時期に無理なく作られるので、余分な手間や燃料などを必要としません。味もよく、栄養もたっぷりで、体にも環境にもやさしい食事が実現できます。

2.地元でとれる食材を日々の食事に活かしましょう
私たちが住んでいる土地には、その風土や環境に適した農産物が育ちます。身近でとれた農産物は新鮮です。一人一人が地元でとれる食材を選ぶことが、地域の農業を応援することになります。(地元農業の応援はもちろん国産農産物の応援になります!)

3.ごはんを中心に、野菜をたっぷり使ったバランスのよい食事を心がけましょう
油のとりすぎは様々な生活習慣病を引き起こす原因にもなっています。
ごはんを中心に、野菜をたっぷり使ったバランスのよい食事を心がけましょう。

4.食べ残しを減らしましょう
開発途上国で飢餓が問題となっている中、日本では食料を大量に輸入して大量に捨てています。この現状を踏まえ、家庭においても、食品の無駄な廃棄、食べ残しを減らしましょう。
(食料の無駄を減らすことは、食料輸入を少なくすることにもつながります。)

5.自給率向上を図るさまざまな取組を知り、試し、応援しましょう
米粉を使ったパン・麺などの新しいメニュー、国産飼料を使った牛や豚、鶏などの肥育、地産地消地域ブランド、直接契約による生産などのさまざまな試みを知り、試しに味わってみるなど、応援しましょう。

Food Action Nippon(フードアクションニッポン)のホームページはこちら>>http://www.syokuryo.jp/

img20080821161004.jpg

野菜ソムリエ キムラマサアキ      日々の活動はこちら>>「野菜ソムリエノチカラ」http://broto.jp  

プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。