スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出勤前の風景 ~新潟市角田浜にて~

「 ある日の出勤前 」





ゴールデンウィークという事もありあわただしい中、
出勤前にいつもお世話になっているグーリーンズプラント巻さんへ。




img 008
img 009


水耕栽培でみつばやルッコラをはじめ、
15種以上の野菜やハーブ類を生産されているグリーンズプラント巻さん。




アー・アッラ・ゼータの自家菜園のルッコラとバジルは、まだ芽が出たばかり。
という事で、今回はみつばとルッコラ、ミント、バジルを頂きに。



僕が伺った午前9時頃、丁度バジルを摘んで頂いてる最中で・・。
「えーっと、この後、新潟市西区黒鳥の石田農園さんの越後姫を取りに行って、あとレモンと、あれとあれと・・・。」


お店には10時には着きたいなと、ドキドキしながら待つこと5分。





IMG_2287.jpg
朝摘んでいただいた水耕栽培のバジル




“ピッツァ 胎内モッツァレラチーズのマルゲリータ ”
で使われるこちらのバジル。




待った分だけ愛しさが増した朝採りバジルを持って、いざ出発
ピッツァィオーロの大泉君ヨロシク








ホール担当椛澤
にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122

スポンサーサイト

春の “ おいしいにいがた ”  アー・アッラ・ゼータ 新潟

「 春の味覚 」





こんにちは。
ホール担当椛澤です。


新潟市内も桜が咲いたなと思っていったら、
あっと言う間に、ゴールデンウィークに突入


そんな中・・・。


アー・アッラ・ゼータにも新潟県内、各所から山菜類がたくさん届いています。


佐渡産ふきのとう、あまどころ、
豊栄産うど、うるい、
新潟市産かたくり、
村上産こごめ、筍、たらの芽、
三条産葉わさび、こしあぶら、わらび

等々・・。




今しか、食べれない “ おいしいにいがた ”を ぜひ!!!



DSC_0281.jpg






にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122



Toku★pi

「 トクッピ No.66 」





DSC_0276.jpg




アー・アッラ・ゼータがトクッピ No.66に掲載されました。

新潟市内各地に設置されていますので、街で見かけたらチェックしてみてください。

感謝の気持ちを込めてクーポン付です!!



※その他、ご質問、ご要望等ございましたらお気軽にお電話ください。






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122

me!め!

こんにちわ、新潟vegeイタリアン アー・アッラ・ゼータのスタッフあらいです!


お花見に行きそびれた私ですが・・・

お店の前もすっかり春です♪



日に日につぼみを膨らますブルーベリー
IMG_3636.jpg


ケールの花!
IMG_3629.jpg


ローズマリーにも花が咲きました
IMG_3638.jpg

IMG_3633.jpg




そしてそして・・・




芽が出ました!!
IMG_3714.jpg
IMG_3718.jpg


先日種まきした、ケールやトマト、順調に育っています!

後から種まきしたルッコラにも芽が・・・♪





これからが楽しみです♪






ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ

 
新潟市西区山田3378
025-232-1122










西区黒鳥 石田農園さんの越後姫畑 ~新潟市 食と花の銘産品~

「西区・黒鳥石田農園さんの越後姫ピッツァ」






先日、今シーズンからお世話になっている新潟市西区黒鳥、石田農園さんの越後姫畑にお邪魔しました。


そもそも、去年の12月から2月にかけてル レクチエでお世話になった旧根白根市、中村観光果樹園さんに
「おいしい越後姫を作っている生産者の方は知りませんか?」
と無理を言って紹介してもらったのをきっかけに、始まった石田農園さんとのお付き合い。



そして、今回畑を案内してくれたのは、それ以来、いつも窓口になって対応してくれている
石田農園さんの “ プリンセス・エチゴ ” ことみゆきさん。




IMG_3613.jpgIMG_3602.jpg



新潟県園芸研究センターが、6年もの歳月をかけて開発した新潟の気候に適した『越後姫』は、

果形は短円錐~円錐で果実は鮮赤色で光沢が良く、種子間隔が広い、
糖度10~11%・酸度0.5%前後で肉質滑らか多汁で、
バランスのよい豊かな香りを持ち、とてもおいしい品種。




IMG_3601.jpg



新潟の厳しい寒さを凌ぐため専用のストーブも完備された石田農園さんの越後姫畑は、
土耕栽培で、今年で5年目をむかえます。



石田農園さんの『越後姫』作りの一年は、

1月後半から6月までの期間の収穫、7月後半から9月終わりまで苗の管理が行われ、



IMG_3589.jpg



10月、11月に定植を終える越後姫は、12月頃花が咲きはじめ、
イチゴが実をつけるために咲いた花を受粉させます。


ハウスの奥にハチの巣箱があり、
ミツバチを飼って、たくさん咲く花の受粉を助けてもらっています。



IMG_3608.jpg



新潟の冬は気温が低く日照量が少ないなど、イチゴの生育にとって過酷な天気が続きます。

そして、その新潟の少ない日照量、低い気温を利用して、ゆっくり、ゆくり完熟に向かうために
大粒で柔らかく糖度の高いイチゴになる『越後姫』。





IMG_3166.jpg
「西区黒鳥 石田農園さんの越後姫のピッツァ ビアンカ」 




そんな『越後姫』を楽しめる季節も、あと少し・・。


薪釜で焼きあげるピッツァで、
石田農園さんの “ プリンセス・エチゴ ” が作る『越後姫』を、
にいがたの春をぜひお楽しみください。










ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122

第2駐車場のご案内  アー・アッラ・ゼータ新潟

「第2駐車場のご案内」





いつもお店前の駐車場がいっぱいでご迷惑をおかけしております。

という事で、この度、第二駐車場を用意しました。



img 009
①お店の前の通りを右折。


img 006
②高速道路高架下を右折。


img 005
③T字路手前の左手にある第2駐車場。




お店から少し離れた場所にありますので、少し歩いて頂く事になります。

申し訳ありません。




目印は、ブラックのゴルフワゴン
img 004
わざわざ、足を運んで頂くお客様に感謝の気持ちを込めて。ナンバーは39 




尚、ランチ、ディナーともにお席の予約も承っております。
お気軽にお問い合わせください。





※駐車場のお問い合わせ、場所の詳細等はお店へ直接お問い合わせください。






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122




おいしいにいがた

今日は雨でした。
雨の中ご来店していただいたお客様、ありがとうございました!

雨はあんまり好きじゃありません。
でも、
雨が降った後の植物はなんだか元気な様子で、それに気づいてからは雨も悪くないのかも知れない。。。と
少しだけ思うようになりました。

種まき効果かもしれません、こんにちはスタッフあらいです!




去年の秋、わたしが初めて坂井ファームさんの採彩にお邪魔したときに、
涼子さんにお願いして撮らせていただいた写真。
パシャリ!

小松菜 良子さん


先月、お店に米粉を届けに来てくださった保苅農園の保苅明子さんを、パシャリ!
(米粉を抱えてください~ とちょっぴり演出までして。)

IMG_3188.jpg


そして先日、晴れの日を見計らって、何人かのスタッフで黒埼地区にある自家菜園にお出かけ。

パシャリ、パシャリ、パシャリ!



IMG_3567.jpg

IMG_3547.jpg

IMG_3553.jpg







さて、この写真を使って、いま「おいしいにいがた 食材マップ」を制作しています。

去年の年末におせちを作った時に、おしながきと一緒に添えたのがきっかけで、お店にも置こう!ということに。

おせちで作ったものを今お店で使っているのですが、今回生産者さんの写真や、新しい食材をいれて、

あたらしく制作中なんです。



完成まで、あとすこし!

今後、少しずつブログでも紹介していきたいとおもっています。

食材と、それを使った料理を紹介していけたらいいな・・・なんて思っています!

ぜひ、お楽しみに^^



ホール担当:あらい


にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ

 

新潟市西区山田3378
025-232-1122

ある日のディナー

こんにちわ、アライです。
いつもひとりごとばかりなので、今日は料理を紹介します。


ある日のディナーで・・・

IMG_3470.jpg
「佐渡牛の薪窯焼き 独活とアスパラガス 越後姫のソース」



佐渡牛は、食肉として優れていると言われる「黒毛和牛」で、徹底した血糖管理のもと飼育されています。
伝統的に飼育技術も高いと言われ、子牛の多くは高級銘柄になるために、島外に出荷されるそうです。

佐渡の山中に放牧され、のびのびと育つ佐渡牛は、海の潮風を受けてミネラル分の多い草を食べて育つ為に、柔らかな舌触りと深い味わいが特徴です。
その佐渡牛を薪窯で焼くことによって、中からじっくり火が入り、香りよく柔らかく仕上がります。

野菜は、曽我農園さんの新崎アスパラと、春の味わいの独活、石田農園さんの越後姫を使って。



佐渡牛と越後姫の赤と、アスパラガスの緑、独活の滑らかな白が鮮やかで美しく、

思わずカメラを向けたくなってしまった、一皿でした。







料理をカメラにおさめ、満足していると、

「アスパラガスの和名って知ってる?」

と、シェフから問題が・・・


「えっと、えっと・・・・・」

「それがわかれば、なんでこの一皿なのかわかるから。」

「????・・・・し、調べますっ!」


調べてみると、

『アスパラガス (別名:オランダウド、マツバウド)』

原産は地中海東部で、日本には江戸時代にオランダから観賞用としてもたらされたのが始まり。
食用としては明治時代からで、本格的に栽培が始まったのは大正時代から。
もともとは、海外に輸出するためにホワイトアスパラガスが主流だったのが、
国内でも消費されるようになってのちにグリーンアスパラガスが主流になったのだとか。

IMG_3520.jpg


「シェフ!わかりました!オランダウドですねっっ!」

「そう。ただ、似てるっていうだけで、アスパラガスはユリ科、ウドはウコギ科で違うんだけどね。」




・・・・と、最近は日々の料理の一皿から、野菜や食材について学ぶこともしばしば。







そんな日々の中で、考える事があります。


お店で働きはじめて、まだまだ半年弱。
はじめは、こんな風に考えていました。

「私は『おいしいを作る』ことはできないけど、『おいしいを伝える』ひとになろう」

それは、料理を食べる空間の雰囲気や居心地もひとつ。
メニューやチラシもひとつ。
ホールスタッフとしての振る舞いもひとつ。
それから、料理を食べるだけではわからないことは、ことばにしたり、文字にしたり。


けれど、月日が流れるほど、料理の奥の深さ、『伝える』ことの難しさを目の当たりにします。

料理一皿にも、たくさんの要素があります。

食材ひとつとっても、それをつくる農家さんがいて、そこにはストーリーがあります。
食材と食材の組み合わせにも、様々な理由や意味が込められています。
おいしいと感じるには、味だけではなく、見た目・色も重要。
調理方法によっても様々。栄養価のこと。

目で見て、香りで感じて、味わって。

耳で聞いて、目で見て、舌で味わって、心に響くこと。


『おいしいを伝える』なんて、私ではまだまだ勉強不足で『伝える』に及ばないことを実感しています。
あまりの奥の深さに、頭が足りずに目眩がしそうですが、その一方で面白いなぁと興味深々なのもほんとうです。

料理のことや、食材のことは、もしかしたら私よりもずっとずっと、毎日ご飯をつくる家庭のお母さんのほうが詳しいような気がします。



それでも、日々の中で農家さんから直接耳にしたことや、目にしたこと、お店の料理のこと、食材のこと、などなど、ヒトリゴトも含め、発信していけたらと思っています。




ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122

とう菜のお引越し

「ハーブ園」





おはようございます。


お店の前のハーブ園では、ミント、ローズマリー、セージ、チャイブなどなど、
たくさんのハーブたちが、すくすく育っています。


そこで、ひときわ存在感を放つ新入りクンの話し・・。




先日、お店から少し離れた自家菜園に行った時の事。


野菜にこだわるアー・アッラ・ゼータなら「お店に飾るのは、花じゃなくて野菜がいい!」と
不審者さながらにあたりを物色していたところ・・・。


畑わきの川のそばに、綺麗な黄色の花を咲かせた見慣れた植物が。


IMG_3585.jpg


「ん?これはとう菜??」

「去年、収穫後によけたものが自生したみたい。」



IMG_3586.jpg


畑担当のみおりさんとそんな会話をしながらも、何か親しみを覚えた僕は話半分で、
早速お引越しにかかります。



とう菜クンが一生懸命、地に伸ばした根を傷つけないように・・。



通常とう菜は、秋に種を撒き、冬を越え、
2月から3月に旬をむかえる、寒冷地新潟の貴重な栄養源を担ってきた野菜です。





IMG_3623.jpg

お引越し完了!



厳しい冬を越え、綺麗な花を咲かせ、命をつなぐ。

人間である僕も、そうありたいと思う・・・。




冬を越え、花を咲かせた新入り「とう菜クン」が、
短い期間かもしれませんが、少しでもお客様の癒しなれば、そう思います。





ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122


5月の定休日のお知らせ  アー・アッラ・ゼータ新潟

「5月の定休日のお知らせ」




2(月)
9(月)
16(月)・17(火)・18(水)
23(月)
30(月)



宜しくお願い致します。






IMG_3589.jpg
新潟市西区黒鳥、石田農園さんの越後姫畑にて





ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

休日 IN 三条

「縄文野菜げんき村」





おはようございます。ホール担当椛澤です。



お店の定休日にお邪魔した三条市の産直の話し。



縄文野菜げんき村。
場所は、三条総合体育館斜め向かい。




DSC_0233.jpg



なぜ、休日に三条市の産直かというと、僕が三条市出身で、今も三条市から新潟のお店まで通ってるから。

げんき村さんの定休日とお店の定休日が月曜日で重なっている為、久々にお邪魔しました。

前回、お邪魔した時は時期もあってか、品数も少なめでしたが、今回はたくさんの野菜達がいました。




DSC_0231.jpgDSC_0227.jpg



うれしくなって、店員のおばさん(農家さん)に「写真撮らせてもらっていいですか?」と許可をもらい、
お話しを聞かせて頂きました。


げんき村さんが、30人程度の農家さんで運営されている事。
今年は寒さの為、野菜や山菜の時期が遅れている事。
これから、出てくる野菜の事。
三条市は市民市場や朝市が盛んで、まだまだ産直は後発で発展途上な事などなど。


写真を撮っている若造に、お買い物中のおばあちゃんも興味深々なのか、
アー・アッラ・ゼータを宣伝しながらも、僕が逆取材を受ける場面も



お店用に、ビタミン大根と山菜類を少しと、僕の充実した休日用に旧下田村のおばあちゃんが作ったというおすすめの笹団子を頂きました



DSC_0224.jpgDSC_0229.jpg


いつも農家さんや、その他生産者の方々とお話させて頂くとそっと肩を押されたような気分で、
僕にとってのパーワースポット(?)になりつつあります。




あらためて、貴重な時間を割いて頂いたげんき村の方と、
いつもお世話になっている農家さんと、その他生産者の方々に感謝の気持ちを込めて。





今日はひとり言。

いつか僕も、生まれ育った町三条で・・・。







ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
025-232-1122


曽我農園さんのフルティカトマトと新崎アスパラ

「パスタ “おいしいにいがた” 食材 vol.2」





今回は、北区新崎の曽我農園さんの“おいしいにいがた”食材で作る自家製パスタの紹介



IMG_3520.jpg
曽我農園さんのフルティカトマトと新崎アスパラガス



中玉で高糖度、果肉は滑らかで弾力性があり、食感が良く、果皮は薄くて口に残りにくいフルティカトマト。

朝採りでとても柔らかく、みずみずしさと自然な甘さみが楽しめる、新崎アスパラガス。


曽我農園さんの魅力のひとつである直売所で感じた、太陽の光りに包まれた温もりと心地よいリズムが育てた、
ふたつの食材。




その素晴らしさをいかすお料理として廣瀬シェフが作った一品・・・。





IMG_3494.jpg
曽我農園さんの畑からカルボナーラ フェットチーネ




カルボナーラソースを自家製生パスタのフェットチーネで合わせ、フルティカトマトと新崎アスパラガスの甘みと
みずみずしさで “にいがたの春の到来”を感じれる一皿で。








ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

定休日のお知らせ   アー・アッラ・ゼータ新潟

「 定休日のご案内 」




アー・アッラ・ゼータ新潟店は、
明日18日(月)、19(火)と連休を頂きます。



宜しくお願い致します。



IMG_3558.jpg
新潟市西区 自家菜園にて








ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

緑のブーケ 

こんにちわ!アライです!


きょうは、(というか今日も?)私のひとりごと、、、



私たちのお店で、記念日や誕生日のお祝いなどでお食事をしていただくお客様には、

ご要望があれば要予約でメッセージ付きのドルチェ盛り合わせプレートをお出ししています。

大切な日のお食事に、アー・アッラ・ゼータを選んでくださった事へのありがとうの気持ちも込めて。



そのときに、お店の前のハーブ園で摘んだローズマリーやフェンネルなどで、小さなブーケを作って

プレートに添えています。

冬には、ローズマリーくらいでしか作れなかったブーケが、春になっていろいろなハーブが出てきて

かわいらしく作れるようになってきました。

ブーケをまとめるのにも、輪ゴムではなくイタリアンパセリやシブレットを使って、

ほんとうに食べられるものだけでつくるのがちょっとしたポイント。




今日ご来店していただいたお客様に作ったブーケ。
IMG_3621.jpg


4人家族でご来店していただき、お母様がお誕生日だったのですが、

お食事もおわった、帰り際。

「これ、持って帰ってもいいですか?この子気に入っちゃったみたいで」

と、女の子の手にはブーケが。


「ぜひ!持って帰って頂けるなんてとってもうれしいです!」

と、私。



決して、豪華ではない小さなブーケですが、そんなふうに、ほんの少しでも

喜んで頂けるのは、本当に嬉しい瞬間です。





これから夏にかけて、どんどんハーブが出てくる時期です。

どんな緑のブーケをつくれるか、いまから楽しみです。




ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
�025-232-1122

自家菜園 ミニ畑。

こんにちわ!アライです。
最近毎日天気がよくて暖かい日が続いていますね。

自然と外に出たくなります。
スタッフみんなも、植物の植え替えをしたり、剪定をしたり、草取りをしたりと、
外作業が増えて来ました。

IMG_3458.jpg
植え替えをする椛沢さん。


お店では、自家菜園から採れた野菜が登場しますが、
今年からもっとお店の近くに小さな畑を借りることになりました。

「じゃあアライさん、畑担当ね!」
と、先日シェフから嬉しい指令をいただき、今日はその第一歩。

自家菜園畑担当のみおりさんに教えてもらって、苗床つくりをしました。

昔、小さい頃におばあちゃんの畑仕事の手伝いをしたくらいで、全くの初心者の私は、
一から丁寧に教えてもらいます。



種から芽を出すためには、専用の軽くてやわらかい土を使うこと。


セルトレーという、小さな穴がたくさん空いたプラスチックの育苗箱に湿らせた土をぎゅっと詰めて。


土に枝で穴をあけて、小さな小さな種をひとつひとつ。


土を被せて、保湿保温のためにビニールで覆って。。。

IMG_3462.jpg
IMG_3463.jpg
IMG_3466.jpg


と、今日はここまで。

芽がでるまで、5日から7日くらいかかるとか。



今日植えたのは、トマト6種類、ケール3種類。

先はまだまだ長いですが、無事に夏に収穫出来るように・・・


がんばります!



これから、ミニ畑の野菜づくりの様子を少しずつ紹介していきたいと思います♪


IMG_3454.jpg




ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
�025-232-1122

SHSブライダル

「アー・アッラ・ゼータ ウェディング 長岡」






今日は、長岡店のお話しを。


本日、15日金曜日、アー・アッラ・ゼータ長岡店は
ウェディングパーティーの為、終日通常営業はお休みとさせて頂いております。



0016.jpg



本日、式を挙げられるのは、美容師をされている新郎様と奥様。



半年程前、長岡店でウェディングを担当していた僕は、
お二人がお問い合わせの為ご来店された際、お話しをさせて頂く機会がありました。



お洒落で一見自由人のようで、さりげない気遣いの出来る新郎様と、
まっすぐな眼差しと優しさがにじみ出る笑顔か素敵な新婦様。


新郎様が、長岡店、スーシェフの茂山君の同級生という事もあり楽しくお話しさせて頂きました。



0004.jpg


その後、僕は去年末より新潟店勤務となりましたが、
アー・アッラ・ゼータをお二人の “ 大切な場所 ” に選んだ頂けた事を光栄に思います。





そして、本日のコースで使われる野菜のほんの一部・・・。



IMG_3506.jpg
白根・中山さんマリオ神父の畑からイタリア野菜達



現在、新潟店で野菜の仕入れ担当(?)をしている僕に、長岡店シェフの長野から発注があり、
用意させて頂きました。




113_DSC9263.jpg

店名である「A alla Z」アー・アッラ・ゼータはイタリア語で、英語に直すと「A to Z」、
訳すと“最初から最後まで”“首尾徹底して”という意味があります。
前菜からデザートまでお楽しみ頂く、お料理になる前の食材の仕入れからお客様がお帰りになるまで、
“お客様の楽しいお食事のひととき”の為に首尾徹底してサービスをするという意味があります。



食材の仕入れを通して、微力ながらお二人の “ 大切な一日 ” にかかわる事が出来たことを
僕は本当にうれしく幸せに思います。


“ 最初から最後まで " お二人の新たな生活と末永い幸せを願って・・。






新潟店は今日も明るく元気良く営業します!

ヨロシクお願いします!!!







ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122


トクッピ 「西エリアに出かけよう♪」  にいがた野菜のイタリアン

Toku★pi トックピ No.65 に掲載されました!!



R0011434.jpg



特集「新潟を探索!西エリアに出かけよう♪」での掲載



R0011433.jpg


今回は、お得なパーティープランの紹介です




新潟市内各地に設置されていますので、街で見かけたらチェックしてください!!
その他、ご質問、ご要望等ございましたらお気軽にお電話ください!






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

♪ 女子会&ママ会プラン ♪ にいがた野菜イタリアン アー・アッラ・ゼータ

「にいがた野菜イタリアン 女子会&ママ会プラン」




今回は、ご好評頂いてます“女子会・ママ会プラン”のご案内


前菜からドルチェまで、旬の野菜がメインの女性の皆様におすすめのお得なプランです



03-AallaZ-111.jpg
07AallaZ3.jpg




女性限定 “にいがた野菜イタリアン 女子会&ママ会プラン”


¥2,800/お一人様 (3名様~・前日までの要予約)
・前菜2種
・自家製フォカッチャ
・旬野菜のサラダ
・パスタ
・ピッツァ2種
・ドルチェ2種
・コーヒー or 紅茶




メイン料理お肉 or お魚料理の追加  + ¥1,000
ソフトドリンク飲み放題  (2時間)   + ¥1,000
ソフトドリンク&アルコール(2時間)  + ¥1,500

※飲み放題の場合は3日前までの予約をお願いします。






03-AallaZ-5.jpg   
 お友達と。


DSCN0865.jpg
 お子様とご一緒に。





体においしいにいがた食材で作るコースをぜひ、お楽しみください!!







ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122


青空の下のそのき菜

こんにちは!アライです。
今日は、4月のはじめに行った、そのき菜畑見学の様子を紹介します。


青空が気持ちいい日、坂井ファームさんで扱っている、そのき菜生産者 野上サダさんのそのき菜の畑を、
坂井涼子さんに案内して頂くことに。

坂井ファームから、涼子さんが運転する軽トラの後を付いていきます。
農作業スタイルで軽トラを運転する涼子さん・・・なんで田舎臭くないんだろう?かっこいいなぁ。。。と思っていると曽野木中学校近くの畑に到着。

IMG_3269.jpg

曽野木菜は、新潟市の曽野木地区で作られているとう菜の一種で、小松菜の仲間。

独特の苦みと甘みが特徴で、ビタミン・ミネラル・カルシウムが豊富です。
(今日は肌がカサカサだね、と椛沢さんに指摘される私にぴったりの野菜!)


新潟には、そのき菜以外にも、女池菜、さかいわ菜、小針菜、など多くのとう菜があります。
同じとう菜でもそれぞれ味わいが異なります。ぬめりがあったり、苦みが強かったり、辛味があったり・・・。
面白いのは、食べくらべてみると、同じ名前のとう菜でも、生産者さんによって味が全然違うというこ。それは、畑(土)の違いや、栽培方法の違い(ハウス栽培か露地栽培かなど)によってかわるそうなのですが、いろいろなとう菜を味見したときに、「こんなに違うのか!」とびっくりしました。

IMG_3297.jpg

涼子さんが畑を案内してくれます。
「この畑をやってる野上さんは、今日は他の畑が忙しいみたいで。ほら、天気もいいしね。
だから私が代わりに。」

話しながら、ポキッとそのき菜を一本折って差し出してくれます。

「生で食べるとね、甘いんだよ~!」

と、食べてみると本当に甘い!椛沢さんと顔を見合わせて「おいしいですね!」とびっくり!


IMG_3282.jpg

涼子さんに畑のことをいろいろと質問していると、「私あんまりわからないから、聞いてみる」と、野上さんに電話してくれ、仕事の合間をぬって野上さんが来てくれることに。

しばらく待っていると、同じく軽トラに乗って野上さんが登場!

こちらからお願いして見学させてもらい、忙しい中来て頂いたのに、前掛けに缶ジュースを包んでさっと手渡してくださる姿に、恐縮しながらも、そのさりげなさと温かさに一瞬でやられてしまいました。

IMG_3292.jpg
いただいた缶ジュースを片手にお話を伺います。

IMG_3289.jpg
「こう、葉っぱがまるっこいのがいいんだよ~」と野上さん。

お話しながら、ポキポキとそのき菜を摘み取ってわきに抱えます。

IMG_3301.jpg
なんだかキマってますね。
摘み取った抱えるほどのそのき菜を、お土産にいただきました。ありがとうございます!


生でいただいたら甘くてビックリしました!と伝えると

「そのき菜生でたべるなんて考えられないわ!」と笑って言われてしまいました。

「料理人のひとはけっこう生で食べたりするんだよ」「おいしいのにねぇ」と、涼子さんがフォロー。



野上さんと涼子さんの会話は、まるでお友達のようで、「サダさん」と下の名前で呼びます。
後から聞くと、採彩では生産者さんを下の名前で呼ぶそう。家では「おかあさん」と呼ばれていても、
彩々では下の名前で呼ばれるから、みんな心が女の子に戻るんだとか。

だから、野上さんもほんとうに元気でお若いかな?


IMG_3275.jpg
露地栽培のそのき菜

とう菜は終わり頃ですが、野上さんのそのき菜はもうすこしの間、坂井ファームさんの採彩で買えるそうです。



涼子さん、野上サダさん、お忙しい中本当にありがとうございました!




ホール担当:あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ

 
新潟市西区山田3378
025-232-1122

麦光線??

「ドルチェ “おいしいにいがた”食材 Vol.1」




今回は、ドルチェの紹介。



麦光線???

まるで、ウルトラマンや戦隊モノのヒーローの必殺技のうような、
ひびきのこの食材



IMG_2626.jpg
小千谷・むぎこうせん



長岡店スーシェフ茂山氏より届いたこの食材。


「麦香煎」
大麦を煎り粉にしたもので、
砂糖+お湯or牛乳に溶かして飲まれている、風味豊かな健康食品。



早速、シェフが作ったドルチェがこちら
          

IMG_2621.jpg
小千谷・むぎこうせんと牛蒡のパンナコッタ



きな粉に似た麦こうせんと牛蒡が持つ土の香りを合わせた、
懐かしい味わいの一品です



にいがた野菜や“おいしいにいがた”食材で作るここでしか味わえないドルチェを、
ぜひアー・アッラ・ゼータでお召し上がりください!!



ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
?025-232-1122

ピッツァ職人!

こんにちわ!アライです。


今日、長岡店に出張に行っていた大泉さんが新潟店に帰って来ました。



「熱い情熱はちゃんと持って帰って来た?」 なんて冗談を交わしながら、

「帰って来たっていうブログをあげるから、写真撮らせてくださいね」

と、カメラを向けたら、なかなかのナイスショットに。




毎日腕を真っ赤にしながら、真剣な眼差しで釜の中のピッツァを見つめている大泉さん。

薪釜の設計上、お客様にピッツァを焼き上げる姿を見ていただけないのが本当に残念です!





今日からまた、よろしくお願いします!

IMG_3450.jpg


ホール担当:あらい


にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ

 
新潟市西区山田3378
�025-232-1122




お店の入り口  ~にいがた野菜のイタリアン~

「いらっしゃいませ!!」




今日はお店の入り口のお話し。




アー・アッラ・ゼータ新潟店では、お客様がお店の扉を開けて、一番最初に目に飛び込んでくる場所に
お世話になっている生産者さんのチラシやお店からのご案内があります。

そして、そのとなりにある朝一番に薪釜で焼きあげる本日のおすすめピッツァが皆様をお迎えしています


IMG_3431.jpg

今日は、その一角に新津から仕入れた小振りな可愛い人参を置いてみました。


人参は緑黄色野菜の中で、β-カロテンを最も豊富に含む野菜で、
このβ-カロテンは免疫力を高め、癌・心臓病・動脈硬化の予防に、
また皮膚や粘膜にはりやつやを与える役目もしています。




お食事の後、お帰りになる前にこの野菜達のお話や、その裏にあるエピソードなんかを、
お客様とお話し出来たらと思います。





ちなみに、
こちらの人参達は、本日シェフがお休みの為、
朝から緊張とストレスでお肌がカサカサしていた花嫁修業中の荒井さんの私物&夕食です・・・。






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122


マリオ神父の畑に咲く花

「白根・中山さんの畑にて・・・。」





先日、新潟市南区(旧白根市)にある中山さんの畑に行ってきました。



去年末、初めてお邪魔してから何度か伺ってはいたものの、
ご主人が入院されたりして畑を見せて頂くのは久し振り。




IMG_3368.jpg



思わず「食べるのがもったいないですね。」と失礼(?)な一言を口走ってしまうほど、
色鮮やかなまるで「お花」のようなこの野菜。




「ラディッキョ・ロッソ・タルティーボ(赤チコリ)」


味はほろ苦く、生でも焼いても美味しく食べられる、
チコリ品種のイタリア野菜です。


ラディッキョ・ロッソ・タルティーボは、畑(土)で栽培した株を一度堀り上げ、
その後水槽へ移し一定期間根の部分を水に浸すという、栽培方法が難しい野菜です。






そして、早速頂いた野菜達で作ったお料理がこちら、


IMG_3426.jpg
「白根・中山さんの畑の菜園風ピッツァ バーニャカウダソース」



グラモナロッサとラデッィキョ・ロッソの苦みと、ポロネギの甘み、マリネした赤ネギをバーニャカウダソース
で合わせた一品


お店で「お花」のようなラディッキョ・ロッソ・タルティーボをお見せ出来ないのが残念ですが、
ぜひ、お召し上がりください!






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122


熱い情熱

今週の水曜日から、ピッツァ担当の大泉くんが、少しの間長岡店に行く事に……



きれいに片付けたピッツァ場に目をやると、大切な包丁と、メモが。



IMG_3312.jpg




IMG_3313.jpg




IMG_3314.jpg

「熱い情熱」を持って、彼は長岡店に行きました。


日本語が少しおかしいような気もしますが、大泉くんの強い想いが伝わってきます。

また、「熱い情熱」を胸に、帰ってきてほしいです。



待っています!





ホール担当 あらい

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 
新潟市西区山田3378
�025-232-1122

4月の定休日のお知らせ  アー・アッラ・ゼータ新潟

“4月の定休日のお知らせ”





11(月)
18(月)・19(火)
25(月)



宜しくお願い致します。


IMG_3371.jpg
白根中山さんのマリオ神父の畑にて、越冬後のカーボロネロ 




ホール担当椛澤
にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

飲み放題+お帰りの車付き パーティープラン!!

「パーティープラン」






「飲みたいんだけど、車がね~・・・。」とういうお客様の要望にお応えして、


“お帰りの車付き、パーティープラン” 始めました!



IMG_7777.jpg

DSCF0167.jpgDSCF0159.jpg
DSCF0173.jpgDSCF0172.jpg
前菜2種 ・ サラダ ・ パスタ2種 ・ ピッツァ2種 ・ ドルチェ ・ 90分飲み放題
4,800円~。




にいがた野菜と地元食材で作るイタリア料理に飲み放題とお帰りの車が付いたお得なプランです
※お送り先は、新潟駅、万代、古町、西区一部地域となります。



ご予算、お迎えの車、対応エリア、個室のご予約等、お気軽にお問い合わせください。





ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122


「TAP PROJECT 2011」 ご協力頂いたお客様へ

「TAP PROJECT 2011」





3月19日から店頭にて募金受付をしておりました、「TAP PROJECT 東日本被災地支援」を
3月31日に一度締め切らせて頂き、日本ユニセフ協会に送金致しました。


IMG_3191.jpg


昨年とは募金受付のシステムが違ったとはいえ、
皆様のご協力のお陰をもちまして、約4倍の19090円を日本ユニセフに送金する事が出来ました。



お会計時に、お食事代金と変わらない金額を募金してくれたお客様、何も言わずお釣りをそのまま募金してお帰りになるお客様、ご親戚が震災で亡くなられたと言いながら募金してくれたお客様、募金箱に笑顔で募金をしてくれる子供達・・。



お食事をしにわざわざ当店にご来店頂いたお客様に、メニューの説明の前に募金の説明をさせて頂く事に、
正直なところ少し抵抗もありましたが、
募金して頂いた後、「ご協力ありがとうございます。」と杓子定規なセリフを言いながらも、
言葉に出来ない感謝の気持ちでいっぱいでした。



IMG_8888.jpg


「TAP PROJECT 2011」は終わりましたが、今後も継続して募金箱を設置させて頂きますので、
ご協力をお願いします。




ご協力を頂いたお客様への感謝の気持ちと、
被災地と被災者の方々の一日でも早い復興と幸せを祈りつつ・・・。






ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ


 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122

太陽のちから


こんにちは!アライです


今日は私のひとりごと。。。



この間、とても天気のいい日に、チラシ用の料理の写真を初めて外で撮りました。

シェフに手伝ってもらい、、、(シェフに助手してもらうなんてなんてこと!!)

テーブルを外に出し、ちょうど日あたりのよい道路ぎりぎりの駐車場で、

通行人に怪しい目で見られながら。。。



これまで、料理の写真は店内で撮っていたのですが、ちゃんとした照明器具も持っていないので

どうしても暗くなってしまっていました。

そこで、「じゃあ、外で撮ろうか!」ということに。


撮影をはじめて、びっくり!

とっても色がきれいに撮れるんです。

よくよく考えてみれば、当たり前のはなし、なんですよね。

太陽の下で育つ野菜たちをふんだんに使った料理。

だから、照明ではない太陽の光の下でみる、お皿の上の野菜たちは、いきいきとして見えます。

どうしても、入ってしまう影もあります、上手な写真ではないのかもしれません。


けれと、撮影してる私とシェフは、自然と笑顔になって、「やっぱり太陽がいいね」と

野菜と太陽のパワーにやられた一場面でした。




私たちスタッフは、畑で育つ野菜や、つくる人と直接接しています。

そこにあるストーリーは、お店ではなかなか伝える事は出来ません。

けれど、太陽の光を浴びたシェフの料理を見たとき、撮影した写真を見たとき、

そのストーリーをもう少し、お客様に感じてもらえるような可能性を感じました。



これから、畑仕事をはじめます。

ちょっとした出来事や野菜の成長なども紹介できたらと思います。

太陽のしたでいきいきするのは、野菜も人も同じかもしれませんね。

新しい季節、元気いっぱいにいきたいとおもいます!

IMG_3060.jpg




スタッフあらいのひとりごと、でした。













トキっ子!!

トキっ子ラウンジ。




R0011432.jpg

アー・アッラ・ゼータ新潟店はトキっ子くらぶのサポート店です。

新潟県にお住まいで、0~12歳以下のお子さまがいるご世帯であれば、誰でも無料で入れるトキっ子くらぶ。
現在、トキっ子くらぶ会員は27,474世帯、サポート店は618店舗となっています。



トキっ子くらぶでは、こんな活動をしています!               
 
①子育てに役立つ情報や親子で楽しめる内容満載のフリーペーパー、トキっ子ラウンジの発行。
②会員限定新潟子育てSNSコミュニティー「トキっ子広場」の運営。
③新潟情報満載メールマガジン「トキっ子通信」の配信。
④子育て世帯向け各種イベントの開催。
等々・・・。

トキっ子くらぶ会員になった方全員に無料で配布されるトキっ子くらぶカード。
このトキっ子くらぶカードの提示で、サポート各店の独自の特典を受けることができます。



そして、アー・アッラ・ゼータでは、

100526_1710~0001IMG_1348.jpg
CIMG1151.jpgCIMG1166.jpgIMG_1575.jpg

IMG_1487.jpgDSCF0010.jpgDSCF0050.jpg
スタッフ自ら収穫する朝採り野菜や生産者の顔が見える地元新潟食材で作るイタリア料理がお楽しみ頂けます。



kositu.jpg
お子様とご一緒にリラックスしてお食事をお楽しみ頂けるよう個室もございます。
(込み合いますので、個室ご利用の際はご予約をお願いします。)



新潟で子育てをさらている皆様と、何より新潟の未来を担う子供達に
「レストラン」で働く僕らは、「食事」を通して少しでも貢献出来ればと思います。




トキっ子くらぶの詳しい情報ホームページは
こちら





ホール担当椛澤

にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ

 
新潟市西区山田3378
℡025-232-1122
プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。