スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまさぎっしり博!

12月11、12日にときメッセで行われるうまさぎっしり博まで、
あと2日に迫ってきました。

お店では、ここのところ毎日大量の食材が届いていました。
そして数日前から本格的に仕込みもはじまり、スタッフみんなで準備をすすめています。


そこで、今日はうま博で販売するメニューに使われるにいがた食材を紹介したいと思います!


AallaZがみなさんに自信を持って紹介する、5つのにいがた食材…

まずは小千谷市のベニキララ!
DSC_0585.jpg


『サツマイモを愛し、サツマイモと共に生きる』
農園ビギンの新谷さんがつくるサツマイモ、ベニキララ。

ベニキララは通称「にんじん芋」と呼ばれ、その名前の通りオレンジ色のサツマイモです。
にんじんと同じくカロテンが多く含まれていて、甘くねっとりとしています。
加熱することで一層鮮やかなオレンジ色になります。



十日町のおうぎ茸!
DSC_0037.jpg


越後きのこ屋がつくるおうぎ茸は、しっとりとした食感で口当たりがなめらか。
お肉やお魚をはじめ、どんな食材とも相性が良く、香り豊かで風味とうま味がつまっています。

代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれていて、なかでもビタミンB1はほうれん草の約4倍!
栄養価は高く、低カロリー。
味がいいだけではなく、体にもうれしい食材です。



南魚沼の魚沼美雪ますDSC_0288.jpg

10年もの歳月をかけて研究され生まれた魚沼美雪ます。
魚沼の美しい自然の中、越後三山から湧き出した雪解け水で育っています。
もちもちとして歯ごたえのある肉質と鮮やかな紅色が特徴の身は、生食がオススメです。

もちろんうま博では生の魚沼美雪ますを食べることができます!



旧吉田町の越後うんめ豚
DSC_0113.jpg

飼育期間が長いこともあって出荷量は少ないですが、とにかく『うんめぇ』豚です!
キメ細やかで弾力のある肉質は、噛めば噛むほど口の中にうまみが溢れてきます。
そのうまみ成分であるイノシン酸は、一般的な豚に比べて約5倍も含まれています。



そして、新潟市の小松菜
DSC_0030.jpg

一年を通してほぼ無農薬で作られている坂井ファームの小松菜。
暖房に頼らずにじっくり土の栄養を吸って少しずつ育っていく冬の小松菜は、甘く、ビタミンが豊富です。


この小松菜については、坂井ファーム見学レポートとして、後日詳しく書かせていただきます。


これらのにいがた食材をつかった、おいしいメニューを用意して、皆様のお越しをお待ちしております


もちろんAallaZだけでなく、ほかにも様々な新潟の『うまい!』が大集結した大イベントです。
12月11、12日はときメッセでお会いしましょう!!



ホール担当:あらい
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。