スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三条・渡辺果樹園さん  

今日は、三条市、渡辺果樹園さんのお話し。


「樹の持っている生命力を最大限発揮させる。」ことを信念に、
化学肥料を使わず、天然由来の肥料のみを使い、
巨峰、シャインマスカットなどのぶどうと、和梨、ルレクチエを生産されている渡辺果樹園さん。



初めて僕が、お邪魔したのは夏の頃。

まず感じたのは果樹園の中が、驚くほど心地の良い事。
果樹から感じる生命の静かな鼓動と、それを育む土と水、適度な湿度と澄み切った空気・・・。

そんななか、果樹園を案内してもらいながら、渡辺さんの厳しくも愛情のこもった眼差しと、
宝物のようにぶどうたちにふれる手付きを目の当たりにしました。

そして、果樹園の中で頂いた、巨峰の癖のない甘みと風味のバランスに感動。



それ以来、「その時、旬の果樹」を頂き、メニューにて提供させて頂いております。



ルレクチェ1

そんな渡辺果樹園さんの果樹の中で一番有名なのが「ルレクチエ」。


ルレクチエは、100年程前にフランスから新潟に苗木が導入され、
栽培が難しく、生産量も限られていたため、幻の西洋梨」と呼ばれてきた品種。

長期間熟成させることにより、独特の食感と芳醇な香りが増すルレクチエ。

渡辺果樹園さんでは、この収穫から成熟までの40日間、ルレクチエにモーツァルトを聞かせます。
そして、モーツァルトの優しい癒しの力で滑らかな熟成が進みます。




2222img.jpg
手作りの新聞紙のバックに入った、渡辺果樹園さんのルレクチエと新興梨



アー・アッラ・ゼータでは、

芳香な香り、とろけるような舌触りのルレクチエは、
胎内サラミとブリードチーズと合わせて、生パスタ、フェットチーネで。

みずみずしい甘味と酸味が特徴の新興梨は、
かきのもととルッコラのピッツァで、お楽しみ頂けます。





いつも果樹を入れて渡してくださる、この手作りの新聞紙バックには、
渡辺さんの果樹への愛情と環境保護への思い、ボランティアに対する思い入れが詰まっています。






Jr.野菜ソムリエ 椛澤


にいがた vege イタリアン
アー・アッラ・ゼータ
 

新潟市西区山田3378
TEL025-232-1122
http://a-alla-z.jp



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AallaZ niigata

Author:AallaZ niigata
新潟市西区にあるイタリア料理店のブログです。
新潟のおいしい食材をイタリア料理にのせてお届けします。

野菜はもちろん、新潟の旬食材にこだわり、ココロとカラダに響く料理をどうぞ。

※2015.4.9 移転オープンしました。HPはただいま準備中です。しばらくお待ちください。

日本野菜ソムリエ協会 認定レストラン
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。